やりたくない仕事を続ける

やりたくない仕事を続けているという人はけっこう多いみたい。

やりたくな仕事を辞めて、別の仕事を探すか、全く別の業界へ転職をするという考えも大切かもしれない。自分の考えを決断する前に、自己分析をするということも必要だと思う。

自分にとって、やりたくない仕事とは何か? 仕事が嫌だからなのか、やりたくないのか、出来ないことを無理やりやらされているのか、それとも別の問題があるから、やりたくない仕事と思っているのか、この辺りを分析することがとても大切だと思う。

やりたくない仕事というのは、自分が想い描いていた内容の仕事は違うから、やりたくないなのか、自分が出来ないことをやらされているから、やりたくないなのか、自分でもその仕事をこなすことが出来るけど、労力ばかり発生して、時間を要するからやりたくないなのか、どういった意味のやりたくない仕事なのかを自分で分析をすることが必要だと思う。

時折、相談を受ける内容としては、会社経営が悪化しており、給料遅延が発生してスタッフが次から次へと退職をしてしまって、社内に残っているスタッフが少なくなってしまった。そして、社内全体が疲弊してしまってモチベーションも低い。ただ、細々と仕事をこなすだけとなってしまい、自分が退職をすると完全に会社の機能が停止してしまうかもしれないので、仕方が無いのでしばらく頑張ろうと思っている。だけど、終焉を迎えつつある会社で一生懸命頑張ることって、人生の無駄ではないだろうかという相談を受けたことがある。それは、自分が仕事が出来るとか出来ないとかの問題ではなくて、会社経営の問題となる。こういった場合は、経営悪化した会社で仕事をするのか嫌だというだけだと思うし、逆に早めに退職をして次の仕事を見つけた方が早いと思う。ただ、仕事上の責任感がある場合には、簡単に退職は出来ないかもしれない。

やりたくないという言葉に含まれた意味を探してみるとけっこう打開策が見つかるかもしれない。

やりたくない

やりたくないというのは、この仕事が嫌いなだけなのか。嫌いだとしたら何故だろうか?想い描いていた内容の仕事ではなかったから?それとも自分がうまくこなせないから?または給料が少ないから?色々な理由があって、やりたくないという言葉に落ち着いているのだと思う。

やりたくない仕事があっても良いと思うし、やりたくなかったら自分がやりたい仕事を見つけることは良いことだと思う。別の仕事をすることで自分の能力が開花する可能性もあるからね。