IT関連、クリエイターなどが禅に興味を持つ理由

IT関連、クリエイターの人たちが禅に興味を持つ理由としては、ITクリエイターの人たちのなかでも人気の高かったスティーブ・ジョブズ氏が禅宗だったからという理由がひとつある。ITクリエイターだけではなく経営者、ビジネスマンからも人気が高かった。

いやいや、スティーブ・ジョブズ氏が禅だとか仏教徒だということが広く知られる前から、禅などに傾倒していたという人もたくさん居ると思う。私もちびっ子の頃から色々とやらされていましたから。

でも、現代に禅を波及させたのはスティーブ・ジョブズ氏でしょうね。それよりも前に禅を世界に広めたのは鈴木大拙先生だけど。

ただ、スティーブ・ジョブズ氏が禅を広めたからなのか、禅、仏教、日本文化なども見直されている。というよりも注目を浴びている。インバウンド観光が人気だというのも底上げを担っているかもしれない。そして、海外で日本文化の人気が高まってきているんだと思う。昔なんてデザインとかするのに日本文化がとか間とか余白を考えるなんてことは無かったからね。明らかに現代のデザインは、日本文化が海外で注目されて、外国の人たちに取り入れられて実用的になったと思う。そして、拠り良い日本文化として海外から日本に入ってきているように感じる。

ときに日本文化が禅であり、禅が日本文化であると言われることもある。そしてシンプル、簡素、簡潔、余白、間などが活かされている。シンプルなデザイン、考え方もシンプル、そのシンプルさが日本文化であり、日本文化の良さ。スティーブ・ジョブズ氏もシンプルな考えと集中を推進していた。自室には、ほとんどモノが無いシンプルで簡素な部屋だったということもよく知られている。

禅 は 示 単 と書きます。

単に示す。 それは単純に示すこと? それはシンプルに示すこと? 示 という漢字は神様や仏様の心が示されているという意味が含まれている。

禅画というものがあるけど、禅宗の教えや自分の内観に見えたものを表現するために描くと言われている。絵画だから、描くことを自分の頭のなかでイメージしなければ描くことが出来ない。そこにクリエイティブなハートがあるんだと思う。それは何かを創造すること、そのための心と精神。それが禅であり日本文化なのかもしれないし、示すということなのかもしれない。

つまり禅というのは何かをクリエイティブするというよりは、自分の心をクリエイティブするということ。そして、思考を、精神を、世界を、全てを、シンプルにクリエイティブするということなんだと思う。そして、世界を良い方向へ導くために示そうとしているのかもしれない。

現代ではデジタル・デバイス、ソフトウェアでクリエイティブなことができるようになった。そのクリエイティブさで何を表現するのか。心を表現するのか、それとも別のことを目指すのか。

スティーブ・ジョブズ氏はスマートフォンというデバイスで明らかに世界を変えた。世界を変えたということは、今までの世界とは別の方向へ進む世界を創造したとも言える。たしかにスマートフォンの出現により、生活が変わったと思う。便利になったし、いつでも情報を入手できるし、いつでも友人知人と連絡を取り合うことができる。

スティーブ・ジョブズ氏は禅の教えの通り、現代に良い世界を示しただけだったのかもしれない。

IT関連、クリエイターなどが禅に興味を持つ理由というのは、スティーブ・ジョブズ氏のように新しいアイデアで何かを生み出すことができると考えているからなんだと思う。

新しい世界は、新しい世代の人たちによって作られるんだろうな。