日本の禅文化を海外に出したのは鈴木大拙

日本国内の企業やビジネスマンが禅の文化に興味を示したきっかけを作ったのは、明らかにスティーブ・ジョブズ氏の存在が大きいと思います。社内には座禅ルームがあったりとか、禅宗の教えを取り入れていました。

海外の企業が禅文化を取り入れているということを聞くと、日本人は真似したくなってしまうものです。何故か、日本というのは海外で流行するカルチャーを真似しようとする傾向があります。これは、私自身もそういうったところがあります。

ただ、禅文化に関しては、昔から日本に根付いている教えであり、文化です。日本の禅文化を海外に広めたのは、まぎれもなく鈴木大拙先生です。日本の禅文化の著書を英語で出版しました。そして、海外に広めました。これが、海外でいうところの日本の禅文化になっていることが多くあります。

スティーブ・ジョブズ氏が、禅に傾倒したのは、鈴木大拙先生の影響があったのだろうと憶測できます。

悲しいかな、日本人は鈴木大拙先生の禅文化の教え、著書にはあまり関心を持つことなく、海外で著名な経営者であるスティーブ・ジョブズ氏が禅を取り入れていたというところから、禅に興味を持ちます。ただ、日本という国に生まれて、日本という国で育った、日本人である私は日本の文化をどこか、カッコ悪い、古い文化であるという認識を持っています。それは、歪んだ認識なのかもしれません。

自分が生まれ育った国の文化をもういちど見直して、良いところを抽出してみれば、諸外国では感じる事のない素晴らしさや美しがあるということに気付きます。海を渡った遠い国の文化ではなく、自分の近くにいるおじいさん、おばあさん、父母の教えこそが素晴らしい哲学だということにも気づきます。

日本に昔から伝わる文化、哲学などを知ると、それが仕事に活かすこともできます。

一攫千金を狙うか 地道に稼ぐか

知り合いの経営者のなかに一攫千金を狙おうとする人が増えてきました。なにか焦っているのだろうか。早くキャッシュインが欲しいのは誰でも同じですし、その気持ちはよく判ります。

 

コツコツ地道に

私としては、一攫千金よりも地道にコツコツと積み重ねてきたこと、努力をしてきた仕事の方が確実な利益につながると思ってる。自分が努力をして、大変な思いをして、地道にコツコツと続けていけば自然と利益は上がるはず。地道にコツコツと仕事をするということは、目立とうというつもりないし、人を押しのけて前に出ようという気持ち無い、謙虚に自分が出来ることを続けていく。そこには色々な問題や弊害が発生するかもしれないけど、それらを乗り越えていくことで、自分の経験になるのだろうし、自分の知識にもなるし、チカラにもなる。これが一番大切なんじゃないのかなと思う。

一攫千金を狙うという人は、自分が出来ないようなことでも首をつっこんで、儲け話に絡んでいこうと考えているのだろうと思う。自分が出来ないことをやろうとしてお金を稼ぐというのは、なかなか難しい。いや、難しいというか不可能だと思う。

大きな案件があり、予算が1000万円くらいあるらしい。その案件を処理するために別の会社や別の人に廻して作業ないし処理をさせて、納品するときと請求のやり取りだけは自分を介して行うという考えを持っている。つまり、仕事を受けるが、実務はアウトソースしてしまい、自分が手掛ける実務は皆無。受けた金額からアウトソースした金額を差し引いて残った金額が自分の懐に入るという考えなのだろうと思うけど、そんなに簡単にいくのだろうかと思ってしまうし、仲介をするだけで儲かるのだろうかとも思ってしまう。

つまり、仕事を仲介するだけ。

仲介をするだけというのは、自分は仲介をする案件には直接的には手を出さないわけでしょ。作業をしたりとか、何かをするということが無い。つまり、そこには努力が無い。ここでいうところの仲介というのは、不動産屋さんなどとは意味が違います。貸しビルの仲介などは、その物件を紹介することに意味があり、意義があり、効率よく物件を探すことができますし、それこそが人助けになっています。

 

一攫千金を狙うのか

私は性格的に一攫千金を狙うタイプでは無い。
絶対に違うな。

自分が出来ることだけで、コツコツと地道に続けていく方が性に合っている。ボロ儲けは出来ないかもしれないが、自分の能力を十分に発揮することができるし、それで誰かが嬉しいと思ってくれたり、助かったと思ってくれれば、とても嬉しい。

一攫千金を狙う人の特徴としては、今現在目の前にある200万円の自分で処理ができる仕事よりも、2000万円の自分では出来ないかもしれないという案件を追うという人が多いように感じる。自分で出来る200万円の仕事と、自分では出来ない2000万円の仕事が同時に私のところに入ってきたら、迷わず自分で出来る200万円の仕事を選ぶ。200万円だけど自分で出来るから、自分のオフィス内だけで対応することができるし、自分のオフィス内でできるということは、その後の責任も取れるということ。

自分で出来ない2000万円の仕事は金額的には魅了的だけど、自分で出来ないから自分のオフィス内で対応が出来ない。応援が必要だ。それは、アウトソースという方法があるけど。自分が出来ないことを、他の人にやらせるということほど仕事上で恐ろしいことは無いという考えを持っているから、どう考えても無理だな。成果物を納品したあとのアフターとかを考えると恐ろしい。

金額で仕事を選ぶのではなく、自分で出来るかということが大切だと思う。自分で出来るからこそ、オフィスを構えられているのだろうし、自分が出来ることが得意技であり、それが自分が携わっている業種・業態となってくるはず。

企業も同じようなこと。

地道にやっていきます。
これからも

地味に、目立たずに、おとなしく仕事をしていきますよ。

マーケティングとは何なのか?

ウェブ業界に携わって16年以上。様々な案件に関わってきたし、小さな案件、大きな案件、やりたくない仕事もこなしてきたけど、未だにマーケティングの意味が良く判らない。

SEO対策が全盛期だった頃も、検索結果順位を上位表示させることがマーケティング要素のひとつですよというような謳い文句で、ウェブページに様々な施策をするということもあった。リンク張りとかね。リンクを買うというのもあったね。

そもそも、マーケティングという言葉の意味が日本では少し別の意味で捉えられてしまっているように感じる。

Wikipedia には 顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動の全てを表す概念 と書かれています。wikipediaばっすい

商品を売ることなのか、宣伝することなのか、新たなサービスを作ることなのか、市場調査のことなのか・・・それとも、お客さんをたくさん集めることなのか、私にはいまいち把握できていないというのが正直なところ。

どうやら、私の中にはマーケティングという言葉は、相手が嫌がっていても、欲しいと思っていなくても、売りつけようとする。相手が来たいと思っていなくても、来させようとする手法のように感じてしまう。

私もときどきやってしまうのだけど、自分が更新したブログをツイッターでつぶやいたりなかして、更新しましたから見てね! 是非見てね! 本当に見てね! と言っても、それは自分よがりなだけで、私のつぶやきを見た人は、オマエのブログの更新なんて見たくないしと思っていることだってある。見たくないしと思っている人たちにツイッターでつぶやいて、ブログを見て欲しいと訴求することは、とんでもなく滑稽だ。なんとなく日本で言うところのマーケティングに近いような感じがしてしまって、ツイッターで自分のブログを更新したことをつぶやくのが恥ずかしいと思ってしまうこともあったりします。私はなんとも滑稽なことをしていたんだと恥ずかしくなる今日この頃。

別にツイッターでブログを更新したことをつぶやくことを否定しているわけではないです。広めていく、周知していくというためには良いツールだと思います。

どうしても、マーケティングという言葉には良いイメージが無くて、企業が無理やり利益を追求するための戦略のように思えてしまう。もうすこしスマートに美しさを全面に出した方が心象は良いと思うのだけど、なかなか難しいみたいですね。

何でも良いから売れれば良いという時代は終わったように感じるし。

本来、マーケティングというのは横文字で外来じゃないですか。外国ではマーケティングというのが主流であり、当たり前だったのかもしれない。そこに、日本独自の文化が融合した おもてなし という心の美しさ、相手を敬う気持ちが詰め込まれており、諸外国では注目を浴びました。おもてなしはマーケティングなのだろうか?

無理やり販売するよりは、欲しい人が自然と購入してくれる方が自然だし、お互い気持ちが良い。その人数が少なくても良いと思う。良いモノをそれなりの価格で販売するというのが最も良いのだと思う。

無理やりお客さんを集めたり、無理やり来させるよりは、行ってみたいと思ってくれた人が来てくれたほうが自然だし、お互い気持ちが良い。その人数が少なくても良いと思う。

人の興味を持ってもらって、信じてもらって、心が通い合えば、自然とうまくいくんじゃないのかなと思う。やっぱり、何事も心の問題なのかもしれないと思ったりする。

こんな私だって、私の仕事に対する姿勢を知ってくれている企業や知り合いの社長が居てくれて、あいつなら何とかしてくれるんじゃないかということで、お仕事に関する声をかけてもらっている。

有り難い。
本当に有り難いです。

自分が出来ることを明確にして、自分が出来ること、知っていることを欲しがっている人の手助けをするだけ。それを、真剣に真面目に親身に接して、お手伝いをすること。

ただ、それだけ。

マーケティングか、もうすこし勉強をしてみよう。