今の日本人に必要なのは道徳心だと思う

道徳ということを最近はよく考えるようになってしまった。

道の徳 で 道徳。

人としての道を外さなければ徳を積めるということなのだろうか?

小学校の授業で道徳という授業があったという記憶があるけど、どのような授業を受けたのかはあまり憶えていない。お恥ずかしい話だけど。ちなみに文部科学省では小学校で使っている道徳の教科書がPDFファイルで閲覧できるのだけど、とても勉強になる。いまさらだけど考え直すことが多い。

道徳とは何だろうか。すぐに答えられる人って少ないんじゃないのかな。道徳って何か規範があるわけじゃない。善いこと、悪いことの判断。自発的に善い行いが出来ること。善い行いとは何かを理解していなければいけないし、善い行いというのは人それぞれ異なる面がある。言葉だけでは説明できないのが道徳。だけど、言葉だけで説明ができないような難しい心の道標を日本人は昔から大切にしてきたんだと思う。その心のことは良心と呼ぶのだと思う。

良い心と書いて良心。
良い行いをしようとする心。

良い行いとはどういうった行いをすることなのか説明をしてほしいと言われると難しいですね。例えば道を歩いていてゴミが落ちていたら拾うことは良い行いだろうし、電車に乗っていて高齢者に席を譲るというのも良い行いだろうし、誰かの手助けをしてあげることも良い行いだと思う。

言葉で言うと簡単。

それが、本当に実践できるのかどうか。

電車に乗っていて高齢者に席を譲ることは良い行いだと思うし、そういったことはすすんで行うべきことだと思う。でも、自分がそういった場面に居合わせたときに自分が良いと思っている行動を起こせるのだろうか。

高齢者に席を譲ろうとしたら、高齢者の人が、ワシはまだ若いから立ったままで大丈夫だと言ってくるかもしれない。

そして周りの人たちの目もあり、見られているという雰囲気から言い出せなかったりすることもある。

自分だけが高齢者に席を譲ろうと考えているのか、周りの人達は見知らぬ振りをしている。知らぬ振りをしている人が多いなかに置かれた、高齢者に席を譲ろうと思っている自分が間違っているのではないだろうかと感じてしまうこともある。そんな空気の中で高齢者に席を譲ろうと声を出すことに勇気が必要になってくる。

良い行いをしようとしているのに勇気が必要になるということが既におかしい。

文部科学省 道徳の教科書 PDFファイル にも記載されています。

私だって大人だし、良い行いがどういったことか判っている。

だけど、何故か良い行いをしようとするときに勇気が必要なのだろうか? 当たり前のことをしようとしているだけなのに、悪い事をしようとしているわけでもないのに。

道徳心というよりも勇気が必要なのだろうか。

現代の企業ではコンプライアンスという言葉を使うことが当たり前となってきた。コンプライアンスとは何だろうか。コンプライアンスという外来の言葉は、日本語にすると法令順守という言葉で片付けられてしまうことがある。

企業が法令を順守する。
当たり前のように感じる。

商活動をするにあたって法令順守をするということなんだと思う。企業が法令順守をするというよりも、その企業に属している人、従業員が法令順守しなければいけない。そのためにコンプライアンス研修をするという企業もあるらしい。というか、そういった企業が増えてきている。

法令順守すれば良いのかということ、そういうわけではないと思う。企業内でしてはいけないこと、励行しなければいけないことなどが決められる。社内のみで回覧する書類を写真に撮ってSNSに流すことは良いことか悪いことか。そんなことは判りきっていること。でも、そういった行為が悪いことだと思わない人も居るわけ。

法令というのは法律、規律、条例というような意味が含まれる。何をして良いのか、何をしたらいけないのか、自分が行っていることは良くないことなのかどうかを確認することも出来るし、知ることも出来る。コンプライアンスという枠があり、その枠の中で違反をしない限りは自由に活動が出来ると言い換えることも出来る。

コンプライアンスという枠で囲まれて、守れているかもしれないけど、自分が率先して活動しようとか、他人のためになる活動をしようとか、そういった心配りなどの規範意識を芽生えさせるということは難しいと思う。なぜならば、活動をしようとする場合には、その人の意思が活動をしようという方向へ向かなければ活動をしないから。そういった心が無ければ動くことがない。

だから、道徳心が大切なんだと思う。

では、オマエは道徳心があるのか?と問われると言葉が詰まってしまう自分が居る。道徳心とは良いことをしようとする心だろうと思うのだけど、漠然としか理解していない。自分の行いが道徳的なのかどうなのか自信が無い。だから、こういった文章を書いているんだけど。道徳心というものを追求していくと仏教とか禅などの教えにヒントを得ることも出来ると感じる。

はなしは飛んでしまうが、文部科学省のサイトにはこのように書かれている。生命を大切にする心、他人を思いやる心そして、善悪の判断。併せて規範意識などの道徳性を身に付けることが重要。というようなことが記載されている。しかも小学生向けだ。

小学生で習うことが出来ていないとか判らないということを言っているのではなく、小学生レベルから芽生えさせなければいけないほど大切なことなんだということ。

道徳心があってこそコンプライアンスは活きて来ると思う。

今の日本人に必要なのは道徳心なのかなと思うときがある。いや、日本人じゃなくて、日本という国そのものかも。いやいや、全世界が必要なんだろうな。

やりたくない仕事 と やりたいと思う仕事

サラリーマンとか会社に勤めている人にとっては、与えられた仕事が、やりたくない仕事と思うことは多いと思う。やりたくない仕事だとしても、やらなければいけないのは責任感があるからなのかもしれない。この仕事をこなすのは自分しか居ないからという気持ちを持っているのかもしれない。

何故、やりたくない仕事だと思ってしまうのだろうか。仕事の内容が難しいから、それとも仕事をこなすために煩雑な作業をしなければいけないから? それとも、仕事そのものを手がけることで問題が発生しそうだから? または、上司との相性が悪くて、命令されるのが嫌だとか、色々な理由が考えられます。

どちらにしろ、やりたくない仕事と感じるということは、やりたくないと思う理由があるはず。理由があるということは、やりたくないと思う理由が芽生える原因があるはず。

仕事をやりたくないと思う理由を見つける

やりたくないという原因を追究していくと色々な理由が見つかることもあります。

  • お客様と折衝するのが嫌だ
  • 見積もり提示など金額に直接携わるようなのは嫌だ
  • お客様からお金を頂戴することが悪い事のように思う
  • 上司と相性が合わない
  • 非効率的なことをやらされている
  • 無駄に残業をさせられている

・・・などなど、考えれば色々な理由が見つかります。

自分が手がけている仕事が向いてないと思うから、やりたくないと思うのであれば、上司などに相談をして別の仕事をさせてもらうということができるはずです。ただ、相談できるような上司、先輩が居ない場合は、いきなり社長に直接お話をしなければならないという会社もあったりします。

やりたくない仕事というのはあるけど、やりたいと思う仕事はあるのだろうか?

こういった仕事ならやってみたいと思ったことはあるのだろうか?

給与が高そうで、楽そうな仕事ならやってみたいと思ってしまうかもしれない。給与が良くて楽な仕事なんて世の中にあるのだろうか? もしかしたらあるかもしれない。もしかしたら、無いからこそ自分で仕組みを作っているという人も居るかもしれない。

だけど、仕事をしてお金を貰うわけだから、その仕事に関してはプロフェッショナルな面を持っていなければ仕事をこなすことは難しいと思う。自分が手がけている仕事に関して誰よりも詳しくて、誰よりも長けていて、誰よりも知識と経験が必要になると思う。知識も経験も技術も無いのに仕事は出来ない。仕事というよりも稼ぐことは出来ないという言葉の方が似合うかもしれない。

昨今、ネットオークションやネットショップが当たり前のようになった時代では、セドリという副収入を得る方法が人気となっている。セドリの仕組みは簡単で、本などを中古で安く仕入れて、自分の利益分を含ませながらも定価よりも安く売るという方法。これは昔からあるビジネス。中間卸業者的な感じ。つまり、定価800円の本を150円で購入して、定価を下回る500円で売るというようなビジネス。

本でも良いし、CD、DVD、ギターなどなど様々な品物に適用できると思う。

CDなどであれば絶版となっているような音源のCDを高価で販売するという考えもある。ただ、音楽などは文化であり、その時代が相場を決めるというところがあるので、珍しいからといって高額で必ず売れるとは言いきれない。

この、セドリという仕組みも楽して出来るビジネスではない。セドリの仕組みを知っていなければいけないし、売り掛け、自分が得られる収益も計算しなければいけないし、今の時代ではどのような本が売れるのかなどのトレンドも知っておかなければいけない。売れなければ、自分が仕入れて購入した本が在庫と残ってしまい、赤字となるだけ。

セドリが良いとか悪いとかではなくて、ちょっとしたアイデアでお金を生むことが出来るし、努力してお金を生み出そうとして行動をすることは、とても良いことだと思う。そして、自分のペースで出来るので何かに拘束されることがないから自由感はあるかもしれない。

拘束されない自由度の高さを考えると、給与はそれほど高給じゃなくても良いから毎日、決められた時間で仕事が終えられるような仕事をしたいと思う人も居るかもしれない。それは、会社に拘束される時間を出来る限り少なくしたいという考えがあるからだと思う。会社に拘束されたくないという考えがありながら、会社勤めをしているのも理不尽な感じがするけど。平たく言えば、早く家に帰りたいということです。早く帰宅して、自分のやりたことをやりたい、自分を待っている家族との時間、恋人との時間を多く取りたいという考えもよく判ります。

会社に拘束されたくないのであれば、起業するしかない。または、個人事業主として仕事をするしかないと思う。ただ、起業する勇気も無いし、知恵も無いし、自分に特別な能力があるわけじゃないけど、会社に拘束されたくないし早く帰りたい、そして仕事がしたくないという人がいちばん厄介だな。

会社に拘束されたくない、会社勤めをしたくないから起業をする、個人事業主として働くという考えの方がナチュラルだし、自分の能力を存分に活かすことが出来る。そして、自由度の高い仕事が出来ると思う。

ということは、特別な能力が無くて、そんなに仕事が出来るわけじゃないけど、楽な仕事がしたいとか会社に拘束されたくないと言っているような人というのは、純粋な我が侭なだけなのか、身の程知らずなのかもしれない。嫌なら辞めてしまうという方法もある。ただ、こういった我が侭ちゃん系な人は嫌でも辞めることがないだろうと思う。他に行くあてが無いから。

人によって、やりたくない仕事と、やりたいと思う仕事は異なると思う。そんなことは当たり前だけどね。