畳の縁を踏んではいけない理由

畳には結界の意味があるとか言われている。それは、きっと九字を切って結界をつくることを言っているのかな~と思います。結界の意味が曖昧だったりするけど。

畳にはサイズがあります。
京間とか色々と言われていますが、そういったサイズはおいておいて。

畳のサイズは 「6尺3寸 × 3尺1寸5分」であると昔から言われており、長方形となっています。 その畳のサイズに合わせて家を建てていたという歴史があります。

この畳のサイズにはとても大きな意味があります。

6尺3寸 × 3尺1寸5分 は・・・
6+3  と 3+1+5
6+3=9 3+1+5=9
不思議ですね。
どちらも答えは9になりますね。

数字の9の意味 をもっと深く追求をしていくと・・・9という数字は最高位の意味があり、神道でも9は最高の数字。

中国での9は、九天、九重天の意味があり、実は皇帝のこと。

仏教というか、密教では九字を切って結界を作ります。
陰陽道にも精通する九字護身法です。
結界を張って邪悪な魔(邪魔・邪念)から本尊を守るという意味があります。

九字を切って結界というのは、両手で形を作って、臨(りん)兵(ぴょう) 闘(とう)者(しゃ)皆(かい)陳(じん)烈(れつ)在(ざい)前(ぜん)とか、おまじないみたいな感じのです。

映画とかで見たことあるかもしれませんね。
九字は流派によって少し異なることがあるけど。

私も子供の頃に習ったことがありますが、もう忘れました。
臨!兵! 闘!者!皆!陳!烈!在!前! と 唱えて、えいやぁー!!! と 刀印で切れば、結界が作れます。すごいでしょ。

刀印とは、人差し指と中指を立てて刀みたいに見立てること。

仏壇の置いてある家の人は聞いたことあるかもしれないし、知っているかもしれませんが、仏壇の置いてある部屋の畳には、畳結界というのがあります。

併せて、仏壇そのものに結界が張られていますからね。仏壇の中には結界敷というものがありますから。仏壇を粗末にはしてはいけないですね。

家を建て替えたり、家を選ぶときには、仏壇を受け継がなければいけないので、畳の部屋があると良いかも・・・というのは、この辺りの思想が受け継がれていると思います。

昔の日本は、畳を使える人は位の高い人、身分の高い人だけでした。
位の高い人を神として扱うような風潮があったからなのか、その神(位の高い人)を守るという意味で、はじめから畳に結界を張っておこうということで、6尺3寸×3尺1寸5分のサイズにして、9という最高位の数字を畳の中に隠すかのように取り入れていたのかもしれませんね。

日本古来では位の高い人、身分の高い人は神とされていて、そういった神と呼ばれる人たちの周りには、特殊な能力を持った人たちが仕えていて、上述した様々な知識を伝えていたと言われています。それが、陰陽師という人たちです。
念力とか神通力とか使えたみたいです。

さらに数字の9を深く究明していくと 後天定位 というものがあり、ネットとかで検索とかすると魔方陣だとか言われていますが・・・うーん。
魔方陣でも良いです。

縦の数字を足すと15になります。
横の数字を足すと15になります。

これが基本で色をつけて五行(木火土金水)十干、十二支を配置すれば八卦ですね。東西南北を付けて数字の位置が変わっていくということ。九星ですね。占いとか詳しい人には判るかもしれませんが、真ん中が五黄土星。このあたりは小難しくなっていくし、宇宙だとか、占いだとか複雑なことになっていくので、また今度で。 占いの基になった学問というか哲学です。

風林火山で有名な武田信玄も五行を取り入れていましたからね。
オマエは水、オマエは火。
水と火、2人は仲が悪いがチカラを合わせて戦うことが出来る・・・というように人心掌握に長けていましたからね。

つまり、相手の特質、気質を知ることが出来ます。つまり、気。それが、判れば気心知れるし、気が知れないなんてこともないし、気が合うようになるから、喧嘩もしなくなる。 現代は、こういった学問が無いので、気を勉強しないので、気が知れない、気心知れない、喧嘩する、争いする・・・そーゆーことです。

レッドクリフという映画があったじゃないですか。諸葛亮(諸葛孔明)が数日で何万本の弓矢を用意するときに船を出陣させるシーンがあって、諸葛亮(諸葛孔明)が亀の甲羅を見て、亀が汗をかいている・・・と言うシーンがありました。後天定位は、亀の甲羅の模様を基に考え出されたといわれています。レッドクリフの映画は、それを知っていて亀を登場させたかどうかは判りませんけどね。

日本古来には様々な知恵があったんですよね。
日本人ってすっごい頭が良いんです。
その賢さは私達が受け継いでるんです。
すごいことですよ。
ただ、昔から現代へ受け継がれていないだけなんです。

悲しいかな日本の昔の伝統、慣わし、風習というのは廃れつつあります。戦争で負けてGHQが設置されてから、日本の過去のことを葬り去られたと、大婆様が言っていたけど、本当にそうなのかも。

海外の文化がたくさん日本に入ってきて、海外の文化を踏襲しているけど、私たちのDNAには日本人としての伝統、慣わし、風習が刷り込まれていて、除夜の鐘をついたり、初詣に行ったり、七五三で氏神様(産神)のところに行ったり、お盆は墓参り行ったりしていますからね。

合格祈願で神社などに行く人も多いし、お守りとか護符とかを買う人も居ますし、合格できるようにと祈るはずです。お守りとか護符を買うということは、ご利益があると思って買うはずです。

祈ることが、既に念力ですよね。
合格できるようにと念じているんですから。

だから、むかしの陰陽師が念力が使えたというのは、本当かも?

ということで、畳の縁を踏まないという話しから・・・
畳の結界、仏壇の結界、九字護身法、陰陽道五行思想、陰陽師、念力まで一気に書き綴ってしまって、すみません。上述した様々な要素を取り入れて、畳の縁は踏んではいけないということです。

でも、昔の人は誰でも知っていた学問なんですけどね。そいうった学問、知識を取り入れた生活が普通だったということです。現代に伝わっていないだけで。

そんな目に見えないチカラなんてあるわけないと思われるかもしれませんが、昔の人たちは研究をしていたのだと思いますし、そういった思想が日本には根付いていますし、目に見えないチカラが在るとか無いとかというよりも信じる気持ち、信じる心が大切なんだと思います。 お墓参りにいって、自分の家のお墓を粗末にしている人なんて見たことが無いです。どんな乱暴者でもそんなことをする人は見たことが無いです。それって、お墓を粗末にしてはいけない、ご先祖様が・・・という気持ちがあるからだと思います。もしかしたらバチが当たるかもしれないと思っている人も居るかもしれません。それこそ目に見えないチカラに対する畏怖の念があるのでは?

こんなこと学校の先生でも知らないだろうと思いますから、憶えておくだけでも良いと思いますよ。

だって、履歴書に生年月日を書くのって日本だけですよ。
その理由とかも知らない人多いし。

PS~
私は宗教家とか変な勧誘とか、怪しい人じゃないですから、あしからず