会社、企業で 部下という言葉は使いたくない

私は、昔から部下という言葉は使いたくなかったし、使うことは殆どなかった。このブログを書くにあたっては、あえて部下という言葉を使わせて頂きますが・・・今まで勤めてきた企業でも使うことはありませんでした。周りの人たち、自分より目上の人たちはよく使っていたと思います。

部下というのは、自分の下で働いてくれる従業員、スタッフ、後輩などを意味しています。自分が昇進し、数人の部下とチームを組んで新しい部署を立ち上げることもありましたが、私は彼らを部下だと思ったことはありませんし、部下という言葉を発することは殆どありませんでした。

 

 

部下 という言葉が持つ本当の理由が嫌いだから

部下 という言葉を英語にすると Subordinate その意味は、直訳すると 下位、従属 というような意味も含まれてきます。これが、本当に嫌です。後輩でも、係長でも、課長であったとしても、自分と一緒の仕事をしてくれる人たちは特別な存在であり、下位だとか、従属させる という気持ちを持ったことなど一度もありません。

昇進して、オレには部下が6人居る と威張るかのように自慢する人が居るのは事実です。オレには部下が6人居る という言葉が、オレには命令すれば手足となって動く人間が居る というように聞こえてしまった仕方がありませんし、見下している表現にとれて仕方がありません。私自身が斜に構えた人間だから、そのように捻くれた受け取り方をしてしまうのかもしれませんが。

 

 

共に仕事をする仲間だから

私は自分が昇進したときに、数人の部下を持つことができました。ただ、部下という言葉は使いませんでした。仲間とか、スタッフとか、チームとか そういった言葉に置き換えていました。部下というのは、上司の命令で動くという意味もあります。言い方を替えると、命令しなければ動かない という意味にもとれます。

私と一緒に、共に仕事をしてくれる人は仲間として認識していましたし、昔から若い人たちの意見を取り入れて、若い世代の人たちが動きやすい環境を作ってあげることが大切だと思っていました。若い世代の人たちに教えることがあるのですが、逆に教わることだったあります。

周りの人たちからは、お前は優しいヤツだ、甘いヤツだと言われることもありましたが、厳しくするだけでは意味がありませんし、命令して動かすなんてのは、相手の人間性を全く無視しているという考えをも持っていました。それは、まるで奴隷のような感じとなってしまいます。私自身が奴隷に似た様な経験があるので、そういった辛い想いをさせたくないという気持ちが強かったというのが、部下という言葉を使わない が信条になったのだと自己分析しています。

 

 

上の人の言葉尻に気をつける